情熱日誌

ホーム > 情熱日誌 > 大工になるには!経験がものを言う職人の世界

大工になるには!経験がものを言う職人の世界

このエントリーをはてなブックマークに追加

大工.JPGカンナでシュッ!シュッ!釘を口にくわえて金槌でカンカン!金髪でニッカが似合うちょっとやんちゃでカッコイイ。

大工さんに、そんなイメージをもたれている方が意外に多いことを最近知りました。

上の写真が現実の大工さんです。現場で大活躍でございます。

大工は腕でっせ~(`・ω・´)シャキーン

今回は大工さんという職業にスポットを当ててみたいと思います。

>大工工事の協力会社(職人・一人親方・親方)さまを募集しています

 

 

大工2.JPG

 

大工さんに必要な資格

大工さんになるために大学や専門学校を出る必要はありません。

現場での経験がものを言うのが職人の世界です。学歴より気転の効く賢さが求められます。

経験を積む期間を明言するのは簡単なことではありませんが、大工さんは思い木材を運んだりするため体力のいる仕事です。

腕のいい大工を目指すなら、体力があるうちに業界に入っておきたいところです。

 

大工さんの種類

大工と言っても、いろんな種類があるのをご存じですか?大きく分類すると10程度のカテゴリに分けることができます。

宮大工と呼ばれる大工さんは、神社や仏閣の建造を行い、釘などを使わない伝統的な技法がある。

他には、家屋大工、建具大工、型枠大工、船大工などなど、多岐に渡ります。

 

店舗内装での大工さんの仕事の内容

店舗内装での大工仕事は、設計図に基づき店舗をつくることです。

夏は汗をかき、冬は手をかじかませながらの作業になります。体力と勘が重要な大工さんは現在は人手不足の状況です。

平均的な年収は他の業種に比べて悪くないのですが、仕事量の減少と共に目指す人が少なくなってきているようです。

 

大工さんの年収.jpg

 

大工は高い技術を求められる仕事で、職人によって完成した時の仕上がりが全然違います。

高い技術を持った職人は本当に重宝されるものです。

技術の継承が問題になりますが、これから大工を目指す人にとってはチャンスです。

高い技術を継承して、唯一無二の職人を目指してもらいたいものです。

 

さいごに

有名な大工の心得です。

・よく切れる道具を持ち、よくこれを研ぎ澄ますこと。

・自分の仕事が歪まぬよう、狂いが出ないよう、留めをきっちり合わせること。

・鉋(カンナ)で削ることも大事だが、意味も無く表面だけを磨かないこと。

・後々に歪みが来ないようにすること。

・自己のチェックを怠らず、先のことを考えた仕事を目指すこと。

・人の言うことをよく聞くこと。

・実践から仕事を覚え、目安を体得し、隅々まで年を入れること。

 

2013年3月5日 カテゴリ:

カテゴリー

最新記事

検索

Loading

フォローする

フルサポメンバーズブログ

お問い合わせフォーム

ページの先頭へ