情熱日誌

ホーム > 情熱日誌 > お店の開業資金や運転資金を信用保証協会で借入る基礎知識

お店の開業資金や運転資金を信用保証協会で借入る基礎知識

このエントリーをはてなブックマークに追加

信用保証協会2.jpg

信用保証協会は、銀行から借りたお金を返せなくなった場合に、借りた本人に代わって肩代わりしてくれる頼もしい機関です。

信用保証協会が直接お金を貸してくれることはありませんが、保証を引き受けてくれるおかげで銀行からの借り入れがスムーズに進みます。

 

銀行からお金を借りるには信用保証協会

銀行とのお付き合いが長く、経営も安定していれば信用保証協会の保証がなくても銀行はお金を貸してくれます。

しかし、これからお店を始める又は、お店をはじめて数年しか経っていない場合で、銀行とのお付き合いが少ない場合は信用保証協会の保証がないとお金を貸してくれません。

なぜなら、銀行も貸したお金が返ってくるかどうか心配だからです。

だから、連帯保証人になってくれる公的機関である、信用保証協会から代位弁済の約束がほしいのです。

 

信用保証協会を利用する方法

まずは融資を申し込む銀行に相談をしましょう。信用保証協会は銀行からの案件を流れ作業のようにさばいていきます。

信用保証協会の保証を受けなくてもよいと銀行側から言われたら無保証で借りるようにしましょう。

信用保証協会への支払いが節約できます。

*無保証の場合、金利が高くなるなる場合があります。

信用保証協会に提出する書類は銀行が用意してくれますので、あとは流れに身を任せましょう。

 

信用保証が利用できない場合

信用保証協会は中小企業を支援するための機関ですので、大企業は利用できません。利用できる中小企業の条件は以下の通りです。

信用保証協会.gif

*信用保証協会のホームページより引用

林業・漁業・風俗関連・金融業・宗教法人・NPOなどは利用できません。個人事業主は常時使用する従業員数が該当すれば利用できます。

 

2016年5月9日 カテゴリ:

カテゴリー

最新記事

検索

Loading

フォローする

フルサポメンバーズブログ

お問い合わせフォーム

ページの先頭へ