情熱日誌

ホーム > 情熱日誌 > リアル店舗ウェブ活用術!集客の本質は愛情です

リアル店舗ウェブ活用術!集客の本質は愛情です

このエントリーをはてなブックマークに追加

当ブログでSEO対策について書いたことはないですが、今回は店舗内装業務とは畑違いの話題を書きたいと思います。

 

この話題に触れる経緯として、店舗をオープンしたオーナーさまからサイトやブログのことをよく質問されるので、ニーズがあるのかなと。

 

店舗のウェブ活用は本当に何が必要で、大切なのか。 お店の集客に技術は関係ないという非常識がWEBマーケティング業界では堂々と叫ばれることもあります。

 

店舗で提供するサービスに技術は必要です。 その技術を、整理してデザインし、WEBで発信してニーズにあった見込み顧客にアプローチすることがWEBの力だと私は考えます。

 

お店のWEB活用はそうならないと、その業界全体の信用も落ちてしまうのではないでしょうか。 10年育み、財産としてのWEBを活用したい方に、この記事をお届けします。

 

 

 

 

 

お店のWEB活用術は以下のもくじで進めていきます

 

Cyapter1 ホームページを作っても集客できない

⇒アクセス解析をすることで、ウェブ運営力が劇的に向上する

⇒見込み患者が検索しそうな検索ワードで1位は本当に必要ですか?

⇒ブログ運営で得ることができる劇ヤバな結果

 

 

Cyapter2 デザインがきれいでもブログ集客できない

⇒アイキャッチ画像で掴みはOK

⇒文章を続けて書かない

⇒タイトル!タイトル!タイトルだ!

⇒ウェブサイトからブログへ誘導

⇒究極のSEO対策はコンテンツ

 

 

Cyapter3 長期的にウェブを育てるということ

⇒愛情の反対は無関心

⇒ブログの記事タイトルにキーワードを入れる

⇒治療院のウェブということを忘れない

 

 

 

Cyapter1 ホームページを作っても集客できない

 

デザインがきれいでも、コンサルタントに任してもウェブからの集客はできません。ではウェブをどのように活用すれば良いのでしょうか?

 

店舗の財産となるツールに育てるためには、具体的にどう運営し、結果 どんなメリットが得られるのかをお伝えしています。

 

まずは、FULLsupportの運営するウェブサイトで得られた具体的なデータをご覧ください。

 

リアル店舗のウェブ活用.jpg

⇒アクセス解析をすることで、ウェブ運営力が劇的に向上する  

 

店舗集客を成功に導くには、ウェブ自体の集客がなければ見込み顧客獲得になりません。従って、どのくらいアクセスがあって、どんなコンテンツが見込み顧客から 評価されているか知る必要があります。

 

具体的にグーグルアナリティクスのアクセス解析によって下記のような メリットを得ることができます。

 

『ウェブ集客に対する施策と効果を検証し、具体的な対策を効率的に実行することができます。』

 

*しかも、グーグルアナリティクスは誰でも無料で使えるツールです。 こんな便利なもの使わない手はないです。

 

 

 

 

 

⇒見込み顧客が検索しそうなワードで1位は本当に必要?

 

「大阪+整体」 「大阪+整骨院」 「大阪+マッサージ」 などの検索キーワードでヤフー・グーグル1位を保証します。といったウェブ会社の対策には様々の方法がありますが、自分でできる SEO対策の対策もあります。

 

具体的な方法は2点。

・ウェブのタイトルタグの中に検索したいキーワードがちゃんと入っていること

・ウェブが更新されていること

 

上記の施策をすることでインデックスの数は4.34倍、被リンクの数は 1.97倍の効果を得ることができるのです。 ウェブの更新作業はブログが簡単で効果的です。

 

更新するのがめんどくさいと思うのであれば、お金をかけて業者に依頼してください。 当記事では、自分でウェブサイトを育てるために有効な方法ばかり記載しています。

 

お金も手間もかけたくない。そんな集客方法をお探しの方はここに答えはありません。

 

 

 

 

 

⇒ブログ運営で得ることができる劇ヤバな結果

 

見込み患者も検索エンジンも新鮮なサイトを好みます。全く更新されていないウェブより、定期的に更新されているサイトは検索エンジンの評価も高くなり、検索上位に表示されるようにもなりますし、 他のサイトでリンクを貼ってもらえれば,SEOも劇的に向上します。

 

具体的にブログ運営で得られることは ・技術を発信することでセルフブランディングできる ・思いを整理し振り返ることができます。

 

あなたは知っていますか?

 

ブログを毎日更新している企業の78%がブログから見込み顧客を獲得し、ブログを 運営していない企業と比べて、2.66倍の見込み顧客を獲得していることを。

 

これらを重ねていくことで、ウェブサイトをリアルな空間にしていくことができ、見込み患者や来院中の患者から感謝されるようなブログ記事を 提供していくことで、ウェブ集客は加速していくのです。

 

 

 

 

 

Cyapter2 デザインがきれいでもブログ集客できない 

 

きれいなウェブデザインとは、見た目だけのキレイさではありません。 見た目はもちろん大切ですが、見込み顧客にとって役立つ情報が デザインされているかどうかということです。

 

いくら見た目が良くても、文章が読みにくい、難しい言葉が多いなどのブログコンテンツをエントリーしていては読者さんは来店してくれません。

 

大切なのは親しみやすく、読みやすく感じてくれるかどうかです。 以下にブログデザインに必要な要素をまとめました。

 

 

 

 

 

⇒アイキャッチ画像で掴みはOK

 

アイキャッチ画像は記事の先頭につける画像で、読者の目を引いて誘導する効果があり、記事を読む前からイメージが湧き、明るい印象を与えることができます。 

 

私が読んでいるブログのほとんどに、このアイキャッチは使われています。  

 

 

 

 

 

⇒文章を続けて書かない

 

記事内の文章は、2行から3行くらいで間を空けるように意識するだけで、ずいぶん 読みやすくなります。 小見出しをつけることでも読みやすくなります。

 

読みにくい文章は読者にやさしくありません。

 

 

 

 

 

⇒タイトル!タイトル!タイトルだ!

 

ブログ記事はタイトル次第でアクセス数に大きな変化が出ます。 2012年上半期ベストセラーの「100円のコ―ラを1000円で売る方法」 など、タイトルに数字を入れることや、「すぐに出来る!劇的に売上を伸ばす10のテクニック」 など簡単で役に立つ記事だと伝わるようにすると効果的です。

 

ウェブサイトからブログへ誘導 ブログからメインサイトへ誘導するために、無料ブログを使っている方も 多いと思いますが、SEO対策の視点ではよくありません。

 

同じドメインでデザインに統一感があるほうが読者にとっても良いと言えます。

 

 

 

 

 

 

⇒究極のSEO対策はコンテンツ

 

見込み顧客は「いいお店はないか」と良いサービスや商品、はたまた旨いものを探しています。 集客は技術や商品じゃないとコンサルタントは言うでしょう。

 

そんなはずはありません。

 

技術がない(不味い)お店に私は行きたくありません。 ですが、技術や商品の説明をわかりやすく教えてほしいと思っています。

 

ウェブ思考とは情報を素人に分かりやすく説明する、とっておきのリアル空間なのです。

 

 

 

 

 

Cyapter3 長期的にウェブを育てるということ

 

ホームページを作って、ほったらかしにしている方が多いリアル店舗ですが、それは 大きな間違いです。 なぜなら、自分でチェックして成長を見守ること、手を加えるということが 大きな集客源に繋がるからです。

 

これがSEO対策の本質なのです 。 1日10~50のアクセスがあるホームページと、毎日100~500アクセスある ホームページではどちらが集客できるでしょうか。

 

これは、どこかのサイトに登録してアクセスを稼ぐことではなく、見込み顧客が検索してホームページに辿りつくアクセス数のことです。

 

目的意識をもった検索を軽視することはできません。

 

これから最後にお伝えすることは、リアル店舗ウェブ活用術で絶対に知っておくべきポイントです。  

 

 

 

 

 

 

⇒愛情の反対は無関心

 

最低でも1週間に1回は、アクセス数と検索キーワードをチェックするようにしましょう。 一番検索されているキーワードを把握することで、読者がどんなことに 興味があるか理解できますし、アクセスの多い記事はどれかなど分析することで ウェブを育てるのに役立ちます。

 

無関心ではウェブは育っていきません。

 

 

 

⇒ブログの記事タイトルにキーワードを入れる

 

ブログ記事のタイトルは、必ずアクセスしてほしいキーワードをいれたものにしましょう。 グーグルキーワードツールを使えば、そのキーワードの見込みアクセスを測定することができます。

 

 

 

⇒お店のウェブということを忘れない

 

ブログ記事はお店と関連していることをエントリーしましょう。 お店のウェブなのに商品には一切ふれない「おでかけ日記」にならないことが大切です。

 

なぜなら、キーワードに沿った記事がSEOに有利ですし、見込み顧客の獲得には 悩みを解決するヒントを発信したほうが良いからです。

 

 

最後に繰り返しになりますが、リアル店舗ウェブ活用術には時間と手間の愛情が必要です。 ブログはウェブを最大に活用するツールで、記事に愛があればこその財産です。

 

お客さんを大切に思う気持ちを整理して、情報をデザインしてください。 小手先の集客テクニックは陳腐化しますが、愛情をもって育てたサイトは色あせません。

 

本当に大切なことはお客さんを思う気持ちです。 その気持ちが技術を向上させたい、良い商品を提供したというモチベーションになり、来店する顧客にとっての幸せに繋がるのではないでしょうか。

 

最後に偉そうなことを言って、何を知っているんだと声が聞こえてきそうですが、 私たちは建築屋です。

 

できることは、そんなに多くありませんが、私たちも愛情をもって ブログを更新していきたいと思います。

 

 

2013年2月20日 カテゴリ:

カテゴリー

最新記事

検索

Loading

フォローする

フルサポメンバーズブログ

お問い合わせフォーム

ページの先頭へ