情熱日誌

ホーム > 情熱日誌 > 店舗の内装を自分で分離発注してコスト削減ができない理由

店舗の内装を自分で分離発注してコスト削減ができない理由

このエントリーをはてなブックマークに追加

分離発注.jpg

 

お店の内装をつくるときの方法として

 

①工務店に依頼する。

②各職人に直接依頼する。(分離発注)

③自分で作る。

④居抜き物件を探す。

 

の4種類があります。今回は②各職人に直接依頼する分離発注についてのお話です。

 

 

お店の業態や、既存店舗の状況によって分離発注の成功度合いが異なります。

 

今回は店舗がスケルトンの状態からの内装工事で「オープン予定日に間に合うこと」、「目標予算以内に工事が完成すること」を成功基準にします。

 

失敗基準は「目標予算をオーバーする」、「オープン予定日に間に合わない」と定義します。

 

 

上記の成功基準のどちらかを満たしていれば成功。失敗基準のどちらか一つでも当てはまれば失敗と考えます。

 

 

 

分離発注を成功させる要因

 

  1.  1.過去に自分で内装工事を行った経験がある
  2.  2.DIYが大好きで内装工事に関する知識が多い
  3.  3.実行力があり、思った通りにいかなくてもイライラしない性格
  4.  4.内装業者の意見に耳を傾けることができる
  5.  5.工事をマネージメントするだけの時間を確保できる

 

この5点をクリアすることが自分で行う分離発注を成功させるのに必要なポイントです。

 

 

自分で分離発注するゴールは、内装コストを削減して、店舗の内装を完成させることが目標ですが、そこへ辿りつく前にぐちゃぐちゃになってしまう事が多いのが現実です。

 

上記5点すべてがクリアされていなくても分離発注が成功することもありますが、一つも該当していない(又は自信がない)場合に成功することはまず無いでしょう。

 

 

できるだけ自分で内装のことをしたい方は、こちらの記事がおすすめです。

 

 ・店舗の内装をDIYするには準備が8割!自分の頭の中を見える化

 ・集客できる店舗の内装・看板をつくるために知っておきたい一連の流れ

 ・店舗デザインを成功させる、知っておくべき6つの配色パターンのコツ

 ・店舗デザインをDIYする時(自分で考える)にやってはいけないこと

 

 

 

 

 

分離発注が失敗する要因

 

 1.内装工事くらい簡単に作れると思っている

 2.職人をしょせん業者だと思っている

 3.目的がコスト削減だけになっている

 4.忙しいという言葉をよく使う、又は忙しいと思っている

 5.工事の目的を理解していない

 

これら5つすべてに思い当たる場合、ほぼ間違いなく分離発注は失敗します。5項目が失敗する確率を高める要因です。

 

職人との打ち合わせ段階でトラブルになっているか、不信感がある場合はすでに失敗しています。

 

巻き返しにはさらなる努力が必要です。

 

 

 

 

 

自分で行う分離発注でコスト削減ができない理由

 

分離発注2.jpg

 

自分で行う分離発注の最大のメリットとしてよく言われるコスト削減ですが、本当にメリットが大きいのであれば、もっと普及しているはずです。

 

この普及しない分離発注でコストが削減できない理由は以下の2点が挙げられます。

 

 

 a) 業者の出戻り

 

実際の現場では20職種前後の職人が出入りします。

 

その時に統括する人物がいないとトラブルになった時に責任の所在がはっきりしません。

 

そうなると、今度は責任の押し付け合いで工事は進まず、最終的に施主が費用を負担して同じ職種の費用を負担しなければならなくなるケースがほとんどです。

 

 

 

 

 b)段取りがスムーズに進まない

 

自分で内装を行う最大のデメリットといっても過言ではありません。

 

20種類前後の職人と打ち合わせをして、発注を行い、工事の管理をしなければなりません。しかも、お店が出来上がることを誰も保証していない状態です。

 

工務店では業務として職人のマネジメントを行い、完成後もメンテナンス保証とオープン日を守ることをお約束して利益を頂いています。

 

 

内装業者の問題点として、設計事務所やデザイン事務所が分離発注という言葉を使って誤解を生むケースがしばしば見られます。

 

果たして成果を出すためのサポート体制になっているのでしょうか。

 

 

事前に分離発注の問題点を施主に伝え、何度も説明しなければいけないことです。もしかすると分離発注ではなく、一括発注の疑いさえあります。

 

分離発注はうまくいけばコスト削減につながるメリットを含んでいますが、手間をかけて店舗の完成が目的とならないようにして頂きたいものです。

 

 

2012年3月10日 カテゴリ:

カテゴリー

最新記事

検索

Loading

フォローする

フルサポメンバーズブログ

お問い合わせフォーム

ページの先頭へ