情熱日誌

ホーム > 情熱日誌 > 大屋 和之プロフィール詳細

大屋 和之プロフィール詳細

このエントリーをはてなブックマークに追加

大屋和之

 

フルサポートは「味わいのある店舗」を施工・設計・デザインを一貫して提供するチームです。

 

私の使命は、これから開業する皆さんのお店を黒子として応援することです。オーナー様のこだわりを空間として表現できたときの喜びは、すごく幸せに感じます。そんな喜びを皆さんと共有したいと思っています。

 

 

統括本部長 大屋和之の略歴

 

大屋和之 (おおや かずゆき ) 1982年5月生まれ。 犬年、ふたご座、A型、大阪市出身 現在も大阪市在住の29才。 妻 ( 28才 )、はると( 9カ月 )の3人家族。

 

 

●父と母に感謝の気持ちを忘れない

実家は運送業で8時にトラックで出発し、昼の12時には帰ってくる。お昼ごはんを食べた後、13時に再度出て行き17時には必ず親父がいる。そして母は病院の診療助手としてパートに出ている家庭で育ちました。

 

帰ると必ず誰かがいる家庭で育ち家族の温かさのつつまれ育ちました。

 

 

●高校時代

西野田工業高等学校 建築科 へ進学、高校時代には音楽好きが講じてバンドを結成しました。

 

私の担当はドラムで、ギターヴォーカルは岸本君、ベースは浅井君、3人で活動し現在は岸本君は空調の職人、浅井君は看板の職人として現在フルサポートの現場で活躍し、繋がりは大人になっても変わらないままです。

 

 

●専門学校時代

中央実務専門学校 インテリア設計科 へ進学、現在の生業に繋がる店舗デザイン・プランニングの基礎を学びました。初めて、コンペに参加し作品を作り上げた時の感動は忘れられません。

 

 

●思い出

2001年8月ヒッチハイクにて大阪を出発し、無事広島へ到着。予定通り宮島花火大会に間に合う。お金はなくても旅は出来た!

 

思い出.jpg

 

 

●子供が生まれる

2011年3月に長男の春翔(はると)が誕生。2008年結婚し約3年目にして家族が増えました。

 

約8か月で、つかまり立ちをする息子を見て立派になっていくなぁと子供の成長の早さに驚いています。

 

20111208132343d29.jpg

 

 

●にわかに出始めた自信と転落

2005年現在の生業となる店舗内装工事会社へ転職。そこで大手ファーストフード・飲食チェーン・京都老舗料亭・ブランド宝石屋・デザイナーズ住宅等の仕事を徹底的に叩き込まれ、現在の基礎が出来ました。

 

若干23歳にして上場企業さまからの発注案件をこなし、根拠なき自信を掴む。しかし、5年後に会社が倒産。世間の荒波に飲まれました。

 

 

●大きな転機

2009年フルサポートの前身となるフルサポート.comの立ち上げメンバーに参加しました。倒産し、考えた結果小さいながら自分たちで旗を立てることを決意した結果です。

 

仲間が笑顔でいられる会社を創りたいと奮闘し2010年フルサポート株式会社へ法人化することができました。

 

2012年2月2日 カテゴリ:

カテゴリー

最新記事

検索

Loading

フォローする

フルサポメンバーズブログ

お問い合わせフォーム

ページの先頭へ