情熱日誌

ホーム > 情熱日誌 > マクドナルドのブロードウェイバーガー食べてみての感想

マクドナルドのブロードウェイバーガー食べてみての感想

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブロードウェイバーガー.jpg

 

2012年2月17日から販売が開始されたマクドナルドの

 

BigAmerica シリーズ第3弾 ブロードウェイバーガー

 

を食べようとしたら何かが足りないと直感的に感じました。

 

 

broadway_l.jpg

マクドナルド おいしさのヒミツより

 

販売開始からブロガ―さんのレビューを見て想像を膨らまして、密かに楽しみにしていたのです。

 

写真と実物の違いは商品をおいしく魅せるテクニックとして必要なことなので気にしません。これも企業努力です。

 

私としては事前に仕込んだ情報を見て、視覚・嗅覚・味覚を確認し楽しみたいと思っているのです。

 

だからパカっと開けて中も見ます。

 

 

 

 

 

ブロードウェイバーガー1.jpg

 

すると何かが足りない。

 

 

 

 

ブロードウェイバーガー2.jpg

 

あ。パプリカがない。

 

「フレッシュレタスにパプリカが爽やか」という仕込んだ情報があるだけにガッカリ感と、ブログのネタになるという喜びが溢れてきました。

 

角度を変えて見ると、一つだけパプリカを発見するというおまけもつけてくれた、マクドナルドさんにありがとうと言いたい。

 

 

 

 

 

ブロードウェイバーガー3.jpg

 

大切な味はベーコンがしっかりしているけど、脂っぽくなくソースもまろやか。

 

「高級なベーコンレタスバーガー」という印象です。

 

ラスベガスバーガーより私は好きです。

 

 

マクドナルド関連

オフィスで喰らう!チキンタツタわさびタルタル

センスとユーモアが光るハンバーガー屋さんの3つの看板デザイン

 

 

 

2012年2月18日 カテゴリ:

カテゴリー

最新記事

検索

Loading

フォローする

フルサポメンバーズブログ

お問い合わせフォーム

ページの先頭へ