情熱日誌

ホーム > 情熱日誌 > 笑える映画4作品!これはおもしろかったなあと思う邦画

笑える映画4作品!これはおもしろかったなあと思う邦画

このエントリーをはてなブックマークに追加

大阪新世界の映画館

休日ってみなさんはどのようにお過ごしでしょうか?

僕はアクティブな休日も好きですが、なんの予定も立てずダラダラとDVD三昧も大好きです。

洋画派・邦画派と好みは分かれるかもしれませんが、今回は僕が今まで見た邦画で「これは笑える名作」と思った作品をまとめてみました。

見てない作品があればオススメします。

 

 

ザ・マジックアワー

 

「ザ・マジックアワー」 脚本・監督:三谷幸喜 ジャンル:コメディ

変幻自在「佐藤浩市」の奥の深さを感じられる作品です。刃物を舐めまわすシーンは爆笑してしまいました。こんなにコメディセンスがあったとは。

豪華な主演以外にも、チョイ役で出てくる役者さんも豪華で演出が素敵です。「カサブランカ」や「夜霧よ今夜も有難う」などのオマージュは見ていて映画に対する愛すら感じます。

笑えますし、最後もスッキリします!

 

鍵泥棒のメソッド

「鍵泥棒のメソッド」 監督:内田けんじ ジャンル:恋愛コメディ

人生が入れ替わった男二人(堺雅人・香川照之)と婚活中の女性(広末涼子)の掛け合いが絶妙な作品です。

堺雅人演じる「櫻井」の情けないキャラクターが抜群で、ほぼ三人で進行する物語は話が進むにつれ面白さが増して心地よい展開です。

前半に張られた伏線が丁寧に回収されて、これまた気分がよくなります!

 

デトロイト・メタル・シティ

「デトロイト・メタル・シティ」 監督:李闘士男 ジャンル:ギャグコメディ

2005年から2010年まで連載された漫画が原作ですが、上手に実写化されています。メタルの世界はよくわかりませんが、世界観は伝わってきます。好き嫌いが分かれる作品かもしれません。

松山ケンイチ演じる「クラウザーさん」と「根岸くん」のギャップが笑えます。演技の守備範囲が広いなぁと感心しつつ、松雪泰子のはじけた演技に衝撃を受けたのが印象的です。

104分のコンパクトな映画の中で、加藤ローサの可愛さも光る作品です。

 

岸和田少年愚連隊

「岸和田少年愚連隊」 監督:井筒和幸 ジャンル:青春コメディ

喧嘩映画というより、日常の「不良のじゃれ合い」を明るく描いた作品です。今では中堅の人気芸人がたくさん出ていて、ナイナイに矢部っちが色男です。

関西圏の人はおもしろいと思います!

 

まとめ

休日にまとめてDVDを借りて引きこもる日の「ダラダラ」感。泣くもより、笑うもよし。

 

2013年8月27日 カテゴリ:

カテゴリー

最新記事

検索

Loading

フォローする

フルサポメンバーズブログ

お問い合わせフォーム

ページの先頭へ