情熱日誌

ホーム > 情熱日誌 > 複数の照明を使うことは、店舗空間インテリアのアクセントになります

複数の照明を使うことは、店舗空間インテリアのアクセントになります

このエントリーをはてなブックマークに追加

店舗の照明.jpg

 

店舗の天井が低い場合や、蛍光灯ではない照明器具にしたい場合にライティングレールを使用した照明をご紹介します。

 

ライティングレールにした背景

 ・天井が低いから吹き抜けにした(張り下2m)

 ・通常の蛍光灯が付けると店舗内部に圧迫感がでる

 ・取り付け位置がフリーに設定できる

 

 

 

レイアウトに合わせた構成が自在

 

ライティングレールはジョインタを組み合わせることによって、店舗空間のレイアウトに合わせて様々に構成することができます。

 

通常の蛍光灯は器具を配置すると光の照度範囲を考えて設置しますが、ライティングレールを使った場合は、壁を中心に照らした跳ね返りの光で演出することも可能です。

 

 

また、受付スペースなどにペンダントライトを取り付けるとこで違った演出ができることも魅力の一つでしょう。

 

複数の照明器具を使うことは、インテリアのアクセントになりますので店舗空間の雰囲気を引き立ててくれます。

 

実際の施工例はこちらです

 

 

 

2015年2月7日 カテゴリ:

カテゴリー

最新記事

検索

Loading

フォローする

フルサポメンバーズブログ

お問い合わせフォーム

ページの先頭へ