情熱日誌

ホーム > 情熱日誌 > 眩しくないリラクゼーションサロンの照明計画で居心地良い空間

眩しくないリラクゼーションサロンの照明計画で居心地良い空間

このエントリーをはてなブックマークに追加

ユウワンリラクゼーションサロン内装.jpg

リラクゼーションサロンや治療院など、うつ伏せの状態から施術をして仰向きに身体を変換すると照明が眩しいというお声に対応した照明計画です。

 

せっかく気持ちよく施術を受けていたのに、眩しくて目がしょぼしょぼしてしまってはリラックスしていた気持ちが覚めてしまいますね。

 

今回の照明計画では、配置したベッドで仰向きになっても直接ライトの灯りが目に入らないように配置しました。

 

 

 

 

 

リラクゼーションサロンの照明.jpg

壁面に配置したブラケットライトはマックスレイのMB50187-01で、光が放射線状に広がるのが特徴で、壁面に光を放つのでディスプレイを兼ねた照明器具になっています。

 

壁紙をブラックにすることで、光のラインがキレイにでて存在感がより増してきます。

 

 

 

 

 

リラクゼーションサロンスポットライト.jpg

ブラケットライトだけでは暗すぎる空間になってしまうので、スポットライトを補助として設置しています。

 

照明器具は大光のYLED-007FSS。

 

施術を受けた顧客に対して、施術スペースの空間を印象に残すという同店舗オーナーさまに要望で、今回のブラケットライトを提案させていただきました。

 

 

2012年11月14日 カテゴリ:

カテゴリー

最新記事

検索

Loading

フォローする

フルサポメンバーズブログ

お問い合わせフォーム

ページの先頭へ