情熱日誌

ホーム > 情熱日誌 > 店舗の内装壁面に杉板(天然無垢)を使用して温かい雰囲気をつくる

店舗の内装壁面に杉板(天然無垢)を使用して温かい雰囲気をつくる

このエントリーをはてなブックマークに追加

杉板

 

内装の壁面を壁紙ではなく、杉板を貼る施工を行いました。

 

材料は、「杉 ・ 生き節 ・ ピーリング ・ 源平 ・ V底目加工」を使用しました。

 

今回使用した材料は、無垢材の特徴である節がまばらにあり、カケ節を含みますが、カケ節の多いものや、抜け節のあるものが入らないように選別した等級です。

 

長さは4mの物が定番ですが、縦貼りに対応できるよう3mの物を使用しました。

 

 

 

杉板サンプル.jpg

 

実際の施工を基に、内装の壁面に杉板を貼る施工ご紹介いたします。

 

 

 

 

 

 

壁杉板.JPG

 

内装壁面に下地となる骨組みを起こします。

 

この下地に杉板(天然無垢材)を貼っていきます。

 

 

 

 

 

内装の壁に杉板を使用した例

 

杉板寸法.gif

 

一枚ずつ、ボンドや釘を使って差し込んで止めていきます。

 

今回使用した杉板(天然無垢材)は、紅白で「にぎやかになる」と言われることがあります。

 

視線の高さに目立った赤味の黒褐色部分がこないように注意すれば、「にぎやかになる」ということはなく、存在感のある温かい仕上がりになります。

 

 

 

 

2012年5月22日 カテゴリ:

カテゴリー

最新記事

検索

Loading

フォローする

フルサポメンバーズブログ

お問い合わせフォーム

ページの先頭へ