情熱日誌

ホーム > 情熱日誌 > わかりやすい!店舗内装の坪単価(費用)を業種別で一覧にしました

わかりやすい!店舗内装の坪単価(費用)を業種別で一覧にしました

このエントリーをはてなブックマークに追加

店舗内装の坪単価(費用)を業種別で一覧.jpg

店舗の内装工事や看板制作は、開業に必要な資金のハード面で大きな割合を占めます。

そんな内装工事や看板の費用は、テナントの状況や開業する業種によってまちまちで、どのくらいの費用が必要なのかが判断しづらいものです。

今回は業種別で、だいたいの坪単価をまとめてみました。

 

 

坪単価15万円から20万円の費用

スケルトンの状態を想定した費用で、設備が複雑でない店舗という設定です。店舗の大きさは10坪から30坪前後で看板制作の費用も含んだ金額です。

▽想定するお店の例
・雑貨
・衣類
・薬局
・クリーニング
・ペットショップ
・治療院
・オフィス

 

坪単価30万円から

スケルトンの店舗で、シャワーなど水廻り設備が必要な10坪から30坪前後のお店です。

▽想定するお店の例

・美容室
・ネイルサロン等

 

坪単価35万円から

飲食店は厨房設備が入ることを想定すると、費用が少し上がります。これはドライ厨房などで対応し、予算を抑えることも可能です。

飲食店は坪単価で計算することが難しい業種でもあります。10坪から30坪を想定しています。

▽想定するお店の例

・カレー屋さん
・中華料理
・大衆居酒
・バー
・ファーストフード

 

坪単価45万円から

歯科・医科などレントゲン室があるもので20坪から50坪前後の費用を想定しました。

内科や皮膚科などレントゲンや、歯科で必要な水廻りの工事を必要としない場合は15万円から工事が可能と思います。

 

 

 一括見積りサイトを使うのはやめたほうがよい

店舗の内装はどれもがオーダーメイドであるため、これと言える費用が明確に出せないことが内装工事の費用をわかりにくくしています。

店舗の内装工事の費用を比較するサイトで匿名で複数業者に一括で見積りをとるサービスがありますが、現地調査やヒアリングもなしの見積りに信憑性はありません。

フルサポートでも比較サイトに登録してみましたが、そのサイトから依頼された仕事をすると、依頼金額の8%を請求される仕組みになっていました。

不可能ですwww

例えば500万円の内装工事費用なら、40万円を支払わなければいけないことになります。

これではやっていけないので、それぞれの会社は支払う手数料も費用に含む形になってしまします。

良心的な店舗内装業者を見分ける正しい知識。疑心暗鬼なあなたへ

 

 坪単価はあくまで結果にすぎない

お店のレイアウトを考えるとき、居抜き物件で業種が違っていると解体工事が必要になり、ゴミにも費用がかかってきます。

できれば、不要なものが店舗に残っていないスケルトンか、開業する店舗でも使える設備が整った物件が好ましいと思います。

内装工事の相場を調べたことがある方なら知っているかもしれませんが、内装工事には「坪単価」という言葉で表示することがあります。

店舗の内装は広さによって価格が変動しますし、形によっても変わります。

複数の見積りをとって費用に大きな開きがある場合は、内装の仕様が違うと考えた方がよいでしょう。

店舗内装の相見積りであなたがとるべき行動。ズレを感じた時

 

さいごに

内装工事の費用を知りたいとい行動と、できるだけ内装工事の費用を抑えたいという行動は別です。

できるだけ安く、そして希望にそった内容にしたいなら2社から3社に見積り依頼をお願いすることです。

その中で「一番しっくりくる会社」に依頼することが最善の方法です。

 

2016年4月5日 カテゴリ:

カテゴリー

最新記事

検索

Loading

フォローする

フルサポメンバーズブログ

お問い合わせフォーム

ページの先頭へ