情熱日誌

ホーム > 情熱日誌 > 基本看板術!通行人の目線に合わせるだけで視線を奪う90°の法則

基本看板術!通行人の目線に合わせるだけで視線を奪う90°の法則

このエントリーをはてなブックマークに追加

店舗看板.jpg

看板は店舗の前を歩く通行人の目線から計画すべきです。

 

お店のリニューアルで看板を改装する場合や、新規オープンで看板を上げたいと考えたとき、ほとんどの人が正面に立って「どんな看板にしようか?」と計画します。

 

じつは、これイケてません。

 

なぜなら、視線に合っていないからです。

 

メイン看板が効果を発揮するには、メイン看板へ視線を誘導しなければなりません。だから通行人の目線をチェックする必要があるのです。

 

 

 

基本看板術.jpg視線を奪う90°の法則

 

地域の住人になった感覚で、実際に店舗の前を何度も歩いたり、走ったり、車で通ったりとチェックします。

 

通行人の視線で写真を撮ってみるのもひとつです。

 

目線に合わせて看板のポジションや内容を計画していきます。

 

 

 

 

 

 

通行人の視線.JPG

歩く人の目線は、前方かつ下方にありますので(10mくらい)看板が高い位置にあると遠くからしか視認できません。

 

視線を考慮して、家主さんに相談したうえで看板を設置しても良い位置を確保しましょう。

 

理想では、店舗入り口に対して直角(90°)の位置にある看板です。

 

平行(正面)では視線は奪えません。

 

正面の看板はスペース最大限使う

 

 

 

 

 

 

視線を奪う.jpg

見込み客の歩く進行方向に対して、自分の店舗がどのように見えるのかを確認してから、「どんな看板にしようか?」と考えてみてください。

 

看板デザインのイメージを考えるのは、そこからでも遅くありません。

 

女性が入りやすい看板・のぼり・タペストリーのデザイン3条件

 

 

 

 

 

 

集客看板.jpg

さいごに

 

看板は「お客さまを呼び込むこと」を目的としたツールです。

 

お客さまの視点で作ることを意識すると、また違った見方が必要になるかもしれません。

 

正面に立ってまじまじ見るお客さまはめずらしいはず。通行人になった感覚が大切ですね。

 

 

 

2012年7月12日 カテゴリ:

カテゴリー

最新記事

検索

Loading

フォローする

フルサポメンバーズブログ

お問い合わせフォーム

ページの先頭へ