情熱日誌

ホーム > 情熱日誌 > 女性が入りやすい看板・のぼり・タペストリーのデザイン3条件

女性が入りやすい看板・のぼり・タペストリーのデザイン3条件

このエントリーをはてなブックマークに追加

女性が入りやすい看板デザイン.jpg

20代~30代女客が最も消費意欲が高いとされています。

そんな事実を知っていなくても、商いをされていれば肌で感じていることでしょう。

特に、カフェやリラクゼーションサロン、美容室など女性をターゲットにする店舗ではなおさらです。

今日は、多くの業種にとって最大の課題とも言える、女性心理をくすぐる看板デザインを3つのポイントを解説します。

 

① 店内や商品のイメージを写真やイラストでデザインすること

看板デザインカイロプラクティック.JPG

男性と女性では脳での捉え方が違います。

男性は論理的な情報を求めるのに対し、女性は感覚的な情報に対して優位な働きをします。

女性はイラストや写真などのイメージから情報を処理しやすいということです。

飲食店のメニュー表を例にしてみると、男性客が多い居酒屋では文字だけのメニューになっていますが、女性客も多いファミレスでは大きなメニュー表で写真がふんだんに使われています。

つまり、女性が入りやすい看板デザインのポイント①は

店内や商品のイメージや写真やイラストで表現することなのです。

② 親近感を伝えて、温かみをアップさせましょう

男性とくらべて女性は、温かみのあるものを好みます。

既存顧客へ贈るDMに、手書きでコメントや挨拶を添えるお店が多いのは、親近感や温かさを伝えるのに有効なツールだからです。

看板にこの方法を表現するには、ブラックボードを設置してスタッフさんが定期的に書きかえることす。

変化する手書き看板は、女性客の目にとどまりやすくすることができます。

POPキャッチコピーの書き方

③ 店頭に季節感のある色彩が女性をひき付ける

店頭に花や植物があると、色彩の良さで女性客によいイメージを与えることができます。

また、花の種類が多いと店頭に賑わいが生まれます。

植物が店頭にあると、温かい心をもった店舗イメージと、手入れが行き届いている雰囲気は、お客様を大切にするお店の姿勢を連想させます。

女性は普段から細やかな気配りを自然にする性質があるため、来店した際に細かい部分まで見ていることが多いものです。

看板やのぼり、タペストリーにも女性の心理を掴む配慮が重要になるのです。

2013年10月17日 カテゴリ:

カテゴリー

最新記事

検索

Loading

フォローする

フルサポメンバーズブログ

お問い合わせフォーム

ページの先頭へ