情熱日誌

ホーム > 情熱日誌 > 広く見える!クリーニング店舗の受付レジカウンターにミラー配置

広く見える!クリーニング店舗の受付レジカウンターにミラー配置

このエントリーをはてなブックマークに追加

クリーニング店受付.jpg

 

受付レジカウンターにブラックミラーを配置しました。色のついたミラーはブラック・グレー・ブロンズなど種類があり、店舗の装飾素材として利用されます。

 

店舗インテリアでミラーを効果的に配置すると、店舗内を広く見せることができます。限られたスペースを「いかに広く感じるようにデザインする」には。というコツをご紹介します。

 

 

ミラーは店舗を広く見せる素材の一つ

 

こちらのクリーニング店舗さまは路面店33㎡ / 10坪と、決して広いとは言えないスペースですが、実際よりも広く感じる空間になっています。

 

飲食店や住宅でもミラーを配置すると、奥行きが出るので目の錯覚がおこります。単純に置くだけでなく、周囲に配置される壁紙などのバランスをとりながらデザインするとエレガントな空間に仕上がります。

 

ミラーを配置する時に考えるべきことは、ごちゃごちゃしたものが映り込まないようにすることです。せっかく広く見せることが出来ても、雰囲気が悪くなってしまうからです。

 

 

ミラーに映り込むシャンデリア

受付の壁面に配置したミラーにシャンデリアが映り込むことで、広がった奥行きに光がプラスされます。

 

ダウンライトやスポットライトは、壁に向けて光を作ることで奥行きを作る効果があることを利用してミラーに光を反映させました。光の強さをふんわりしたものにすることで、空間が柔らかくなります。

 

 

2012年7月25日 カテゴリ:

カテゴリー

最新記事

検索

Loading

フォローする

フルサポメンバーズブログ

お問い合わせフォーム

ページの先頭へ