情熱日誌

ホーム > 情熱日誌 > ほぼ全ての店舗がシニアマーケットへの対応を求められる時期は近い

ほぼ全ての店舗がシニアマーケットへの対応を求められる時期は近い

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

高齢化.jpg

グラフデータ:ツタグラ 日本人口推移より引用

 

日本は団塊の世代とそのジュニアたちが作ってきたと言っても大げさではないのでしょうか。

良くも悪くもマーケットは無視できないシニアシフトが消費のトレンドを牽引していくのでしょう。

 

世界のマーケットで戦える企業作りを。と記事を目にしますが、ローカルビジネスの私たちにとってはやはり日本(しかも地域)にどうしても販売する必要があります。明日の飯を食うために。

 

 

2010年現在の日本の人口推移

 

高齢化1.jpg

 

現在すでに社会の多数派を占める団塊・シニア世代(50歳以上が43%)に向けた商品開発やマーケティングを各業界で進められています。

 

ダイエーの店作りから見るシニア向けコンセプト設計

 

現在では商品開発やマーケットシェアの軸足を流行を生み出す若者と、安定した消費を行う団塊・シニアをターゲットとする2つの軸に分散されています。

 

各業界ではシニア=弱者のイメージでは戦えないことはもはや常識になっていることは確かですが、セオリーを構築するには至っていないのが現状です。

 

 

 

確実にやってくる2020年

 

高齢化2.jpg

 

2050年の40年後の未来はピンときませんが、2020年はあっという間にきそうです。

 

2020年はまだまだまだまだ現役で飯を食う・貯蓄をするために仕事は必要です。ですので、やはり前もってなんらかの対応を準備することは大切です。

 

飲食店にしろ美容院にしろ店舗業態では地域の住人がメインのお客さんになるわけです。介護業界だけでなく、在宅マッサージなど業態変化も起こってくることでしょう。

 

全人口の過半数がシニアになることを考えると、特殊な産業だけが対応しなければならないのではなく、ほぼ全産業で対応が求められることでしょう。

 

訪問マッサージ 大阪

 

 

 

2012年4月23日 カテゴリ:

カテゴリー

最新記事

検索

Loading

フォローする

フルサポメンバーズブログ

お問い合わせフォーム

ページの先頭へ